就職ナビあれこれ



薬剤師の就職状況

薬剤師への就職活動で病院希望の場合は、現状現在は医薬分業が急速に進みました。
また病院の経営が合理化されたことにより、定期的に薬剤師を採用するよりも、欠員が生じた際に募集を行う病院が多いのが現状です。

そのため、病院への就職が難しくなています。
病棟業務においては高度な知識が要求されます。
そのため、特に修士課程修了者が望まれます。

今後は6 年制課程修了者に門戸が開かれていくでしょう。

ここで薬剤師への就職活動のポイントを説明します。
病院の新卒採用の特徴は、4年生の秋以降の求人票提出が多いことと、求人数自体が少ないということがあげられます。
この状況を乗り越えるためには、広く情報網を張り巡らせましょう。
そして、チャンスを逃してはいけません。

ですからいろいろな情報を常にチェックしておきましょう。
「大きな病院で働きたい」と思っても、「定期的な採用が減っている」ということを常に頭に入れておいてください。
そして、現状をしっかり見据えて動くことが大切です。

薬剤師就職活動で調剤薬局の場合は現状医薬分業率が50%を超えた現在、乗じて調剤薬局が増えました。
ですから、各社積極的に薬剤師の採用に取り組んでいます。

しかし地域や規模により薬剤師の確保状況にばらつきがあります。
まだまだ薬剤師不足のところも見受けられます。

しかし、今後の薬局の飽和状態が予想されることを考えられます。
また各調剤薬局の経営方針によって明暗が分かれてきます。

間違いなく社会に必要とされている職種です。
ですから、薬剤師への就職活動を最後まであきらめないことです。
これが最後には大事になるでしょう。
タグ:薬剤師 就職
posted by 就職 at 22:38 | 就職4

就職したい航空会社へ

航空会社への就職について説明します。
航空会社への就職では、採用試験の時期で国内の航空会社の募集の場合、翌年の春学校を卒業する高等学校、専門学校、短期大学、大学の学生が応募が可能です。

ただし、高校卒業の募集をする航空会社は数少ないよいです。
最近では募集時期が早まりました。

そして、募集の発表が年明けすぐに行われます。
専門学校、短期大学、大学卒業年度の春には、もう面接が行われているようです。

航空会社への就職活動において数年前の情報を参考にしたために、既に募集期日が過ぎてしまって応募できなかったなどというケースが実際にあるようです。

航空会社への就職を希望するなら、定期的に募集情報を入手しましょう。
そして、チャンスを逃さないように心がけてください。

国内の航空会社・既卒募集の場合、既卒募集には、高等学校、専門学校、短期大学、大学をすでに卒業し、社会人となっている人が応募画が脳です

航空会社での既卒募集は欠員募集です。
ですから、募集時期はまちまちのようです。

既卒募集はいつ募集があってもおかしくないので、事前準備しておきましょう。

外資の航空会社の場合、外資系航空会社の採用試験は、ほとんどが欠員募集のようです。
そのため、国内の航空会社のように「新卒」「既卒」などと分けられていません。

外資の航空会社の場合、採用されれば即訓練に入ります。
これが外資系の航空会社では一般的のようです。

募集時期もやはりまちまちです。
ですから国内の航空会社・既卒募集の場合と同じく、しっかりと事前準備を怠らないようしてください。

採用試験内容は、最初が書類選考があります。
そして、その後に集団面接やグループディスカッションから順々に少人数の面接へと絞込まれていきます。
筆記試験や英語面接、体力測定に健康診断がその間に行われます。

しかし、何がどのような順番や組み合わせで行われるかは航空会社によって違います。
posted by 就職 at 08:14 | 就職4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。